盒教殿析 - 岩手町との接点

ホーム >  偉人  >  盒教殿析 - 岩手町との接点
盒教殿析
生誕百年記念誌の1ページ
自宅の庭での立ち姿
(写真提供:盒狂郎様)

盒教殿析困気鵑蓮屬海海帽あり」「古城」などの作詩家として、戦前・戦後の混乱期の中で、人々の心に安らぎを与え続けた作品が実に3,500詩にものぼります。

 

特に「もう一つの故郷」と岩手県沼宮内町(現在の岩手町)を大切になされ、作詩された「沼宮内行進曲」「沼宮内音頭」は、多くの町民に愛され、歌い継がれており、昭和43年に町勢功労者として顕彰されました。

 

また、平成13年2月25日には、生誕百年を記念し、岩手町文化団体連絡協議会の主催により、メモリアル・コンサートが開催され、郷土の歌や名曲の数々が、地元の出演者により紹介され、多くの感動を与えてくれました。

 

また、平成13年7月20日から3週間にわたり「生誕百年 盒教殿析催検廚岩手町ゆはず交流館にて開催され、開催期間の中は多くの感動、多くの交流の和が広がり、後世への伝承の一助となったと聞ききます。

 

ここに紹介する内容は「生誕百年 盒教殿析催検廚砲鴇匆陲気譴薪玄┿駑舛琉貮瑤任△蝓⊂楮戮鬚知りになりたい方は「岩手町教育委員会」にお問合せいただければ、資料等の所在が確認可能と思います。

 

岩手町の住民として「盒教殿析此廚気鵑箸寮榲世鮃く知っていただければ幸いです。

「もう一つの故郷」沼宮内

北海道根室生まれ。青年期を函館で過ごし、「酒は涙か溜息か」の空前の大ヒットにより上京し、東京は大田区に居を構えた盒教殿析困任△辰燭、本籍は父菊治の出身地である岩手県沼宮内町(現在岩手町)に置き、みずから「私は岩手県人である」と言った。

沼宮内自治会館
ありし日の沼宮内自治會館

昭和11年5月沼宮内自治會館落成祝賀会に、委嘱作品「沼宮内行進曲」「沼宮内音頭」披露のため招かれる

  • 沼宮内行進曲  作曲:飯田三郎  歌手:伊藤久男
  • 沼宮内音頭  作曲:飯田三郎  歌手:音丸
プリンタ用画面