園井惠子 - 像

ホーム >  偉人  >  園井惠子 - 像

本名袴田トミ。川口小学校三年生頃から夢に描いた宝塚音楽歌劇学校に入学、家族の生活を支えながら、校長、小林一三のもと自らを磨き、舞台に映画に幅広い演技をもって、全国にファンを広げ大女優の道を歩む。

 

昭和20年、総てが戦争にかりたてられる中、丸山定夫を隊長とする移動劇団「さくら隊」に加わり各地を慰問巡演中、昭和20年8月6日広島の宿舎に於いて原爆に遭遇。32回目の誕生日だった。
瞬時の閃光に崩れ、燃え上がる家財の間から、自分に気づくと一面、生き地獄、、、。
その中を逃れて二日後、神戸の知人宅にたどり着く。
8月17日付け母への手紙(絶筆)に「本当の健康に立ち返る日も近いでしょう。
そうしたら元気でもりもりやります。
やりぬきます。
これからこそ日本国民文化の上にというよりも、日本の立ち上がる気力を養うためのお役に立たなければなりません。」とある。

しかし、原爆症のため急変32歳の短い生涯を終える。

「女優園井恵子象」

園井惠子像

 

終戦五十周年、あらためて女優園井恵子を偲び、戦争のない平和な世界の実現、文化の興隆、人間の尊厳が守り貫かれることを祈念し、全国の有志とともに顕彰の像を設置する

 

1996年(平成8年)8月21日 (園井恵子を顕彰する会)工藤剛嗣

 

ブロンズ像製作者 加藤 豊
台 座 製 作 者 岸 伸介

 

※)園井惠子像のある場所
 岩手県岩手郡岩手町川口12-10 岩手町働く婦人の家

園井恵子と故郷

彼女の誕生の地、岩手県岩手郡松尾村(村長石羽根重志)は、平成元年、同村創立百周年記念事業の一つに、彼女の資料展並びに映画『無法松の一生』、『さくら隊散る』の鑑賞会、続いて『園井恵子・資料集-原爆が奪った未完の大女優』を編纂。

 

更に平成6年5月18日、彼女の資料をも納め公開する文化施設「ふれあい文化伝承館」を建設、22日は落成記念に「語りと音楽の会」の丸山由利亜加藤泉さん親子が"園井恵子さんへの手紙"を演じられ、村民の大好評を得た。

 

又、彼女が幼少期・小学校六年卒業まで過ごした、岩手町川口(旧・川口村)の有志らが中心に、五十回忌を機に、岩手・園井恵子顕彰会(代表・工藤剛嗣)が組織され、内外の知友、恩人、ファンの協賛協力のもと、平成8年8月25日、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)当時の彼女がブロンズ像に再現され、母校川口小学校の児童らの手で除幕された。

この日の為に、芥川賞作家・坂田寛夫氏から贈られた群読台本"お帰りなさい園井さん"を除幕後、主催者挨拶の前に四年生の子供らが朗読劇を演じ、その終章で『今日からは、どうかここから、ぼくらを見守ってください。
まっすぐな、やさしい心・一すじにがんばる心・みんなでうけつぎます。

 

おかえりなさい、僕の園井恵子さん・私たちの袴田トミさん、おかえりなさい』夏の陽ざしに輝く秀峰岩手山にこだまし、二百余の参列者に感動を与えた。

 

くしくも建立の地は、太平洋戦争末期、第二神風特攻隊員に召されて、昭和19年10月29日午後4時、ルソン島の基地から、レイテ湾の敵艦船に突入していった彼女の後輩浦田未次郎海軍少尉(21歳)の育った地でもある。

 

亀井実

プリンタ用画面