板垣桑蔭 - 略年譜

ホーム >  偉人  >  板垣桑蔭 - 略年譜

板垣桑蔭の略年譜

板垣桑蔭
年号 月 日 西暦 年齢 概 要
文化14 12月20日 1817 1

父:佐々木伊兵衛(南部藩士江戸勤め後の板垣登政(なりまさ)、 母:泉山つね、長男として出生、直作と命名。

天保 2   1831 14 藩より頭役仰付られる。(38代南部利済公の時)
天保11   1840 23

藩より学生仰付られる。 盛岡日影門名義堂(作人館の前身)にて経書講義等受ける。福田サタ(文政7年1月生)と結婚。

弘化元 11月5日 1844 27 長男征徳誕生。
嘉永 3 5日 1850 33 南部利剛公に待講として任用される。 藩校の助教となる。
安政 2 2月15日 1855 38 毛馬内代官となる。
慶応元 12月6日 1865 49 修文所調役となる。
慶応 3 10月日 1867 51 郡奉行格御代官頭役となる。
慶応 4 1月 1868 52 郡奉行格勘定奉行となる。(六駄二人扶持)
慶応 4 8月     秋田戦争に輜重を掌り従軍する。
慶応4年9月8日明治と改元。
明治元 11月11日     南部藩の責任者として楢山佐渡、江幡五郎と共に江戸芝増上寺内金地院に幽閉される。
(明治2年6月23日檜山佐渡盛岡報恩寺にて切腹刎首される)
明治 2 10月3日 1869 53 謹慎免ぜられる。後に赦にあい沼宮内に隠棲、板囲いの家に住み、今は草葉の陰の亡き人と板垣草陰と名乗る。
明治 2 10月21日     長男征徳に家徳をゆずる。
明治 6   1873 57 沼宮内五日市桜山に居を移し漢学塾を開き、青年達の教育に心血をそそぐ。
明治 6 4月     沼宮内小学校創立される。
明治4年3月沼宮内郷学校兼任舎長 板垣征徳
明治12 1月6日 1879 63 北岩手初代郡長となる。
明治15 5月4日 1882 66 草陰を桑蔭と名乗る。
明治18 1月23日 1885 69 孫征四郎誕生。
明治20   1887 71 沼福寺境内にある「御馬滝沢」の碑文を書く。
桑蔭文、征徳書
明治26 2月 1893 77 塾を閉じて盛岡上田赤山へ移住する。
明治27 11月8日 1894 78 逝去。盛岡法華寺に葬られる。
昭和 4 8月17日 1929  

「板垣桑蔭先生碑」沼宮内沼福寺に建立される。

平成 5 11月7日 1993   没後百回忌が行われた。

 

プリンタ用画面