沼宮内駒踊り

ホーム >  郷土芸能  >  沼宮内駒踊り

沼宮内の駒踊りは岩手郡玉山村外山に残っていたものを、昭和十年頃柴田兵一郎氏等が、外山の工藤亀次郎氏の指導を受け、それに少し手を加え完成されました。

駒になる少年は十四、五才の七人、他に馬子(大人)一人、ササラ(少年)二人。囃子は太鼓二、三人、鉦二人、笛三、四人で組みとなります。

ここに掲載の動画は第33回岩手町郷土芸能発表会にて演じたものです。どうぞお楽しみ下さい。


※ADSL等の高速通信環境下でご覧いただくことをお奨めします。
※動画を再生できない場合は、“Adobe Flash Player(無償版)“をダウンロードしインストールしてからご覧下さい。
(Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます)
ダウンロードはこちら → 

 

 

 

(約3分50秒:384kbps)

プリンタ用画面