南部氏と三戸

ホーム >  どんな町?岩手町  >  南部氏と三戸

南部氏と三戸


南部氏はもともと甲斐源氏の一族で、加賀美遠光(かがみ とおみつ)の三男光行を祖とします。

光行は父遠光と共に源頼朝の側近として仕え、奥州合戦などで戦功を挙げ、甲斐国南部郷(山梨県南部町)を拠点に「南部」と名乗ります。


時がたち、後醍醐天皇による「建武の新政」がはじまると、実力をつけた南部氏は陸奥守北畠顕家から糠部(青森県南部地方)の奉行を命じられ、当地方へ入部します。



三戸城本丸跡


領国支配の始まり


糠部を本拠地とした南部氏は、津軽(青森県西部)や鹿角(秋田県)の領主と抗争を繰り広げながら勢力を伸ばしていき、14世紀の中頃には現在の青森県一帯を支配下に治めます。


そのうち、多くの一族からなる南部氏にも力の差が生まれ、「三戸」と「根城」の二つの南部が台頭してきます。


三戸南部氏の隆盛


15世紀の中頃、室町幕府の権威衰退が招いた「応仁の乱」により、長い戦国の時代へと入ります。このことは、南部氏一族や他国との間にも影響を及ぼします。


16世紀になると、根城南部氏は当主の早世などで勢力が後退し、三戸南部氏の力が強くなってきます。


時の当主晴政は巧みな外交と戦略で、現在の盛岡市周辺にまで支配地を拡大し、その実力を見せつけます。しかし、家臣への支配を強力に行ったことが反発をよび、本拠の聖寿寺館(南部町)は焼失したといわれています。


晴政はその後、新しく三戸城(三戸町)を築き、将来の地歩を固めますが、天正10年(1582年)志半ばにして亡くなります。



三戸城跡(資料館)


三戸城の概略


三戸城の築城年代については現存する資料に確かな記述を見ることはできないが、伝承によると三戸南部氏の居城であった「聖寿寺館(現南部町)」が、天文8年(1539)に家臣の放火により焼失、その後三戸に居城を移したと言われている。


天正18年豊臣秀吉は南部信直に対して「南部内七郡」の領有を認め同時に三戸城を正式な南部氏の居城と定めた。


その後南部氏の居城は福岡(現岩手県二戸市)、盛岡(現岩手県盛岡市)に移るが、三戸城は17世紀後半まで城代がおかれ、藩主がたびたび訪れている。


三戸代官所設置後は御掃除奉行が任命され、城の管理がなされていた。


城内へは下馬御門から入り、綱御門、鳩御門、欅御門、大御門を経て本丸に至る。


鳩御門より本丸に向かう道の両端には家臣の屋敷が配置されている。


本丸の東に位置する搦手御門を通って「鶴池」「亀池」に挟まれた道を東方に下がると城の裏口の鍛冶屋御門に至る。



三戸城跡(江戸時代初期の様子)


本イラストは「三戸御古城之図」幕末に新渡戸十次郎らが作成した「三戸郡三戸御古城御縄張測量の図」などを参考にしている。


三戸町教育委員会


南部一族の統一へ


晴政の死後、跡継ぎであった息子晴継も亡くなり、晴政の甥であった信直が当主となります。

天下の趨勢を見極めた信直は、豊臣政権へ早くから帰参し、南部宗家として認められます。しかし、天正19年(1591年)、信直や豊臣政権に反発した一族の九戸氏が、周辺の豪族を扇動して反乱を起こします。


両軍入り乱れての混戦は信直軍を苦しめますが、同年9月、ついに信直と豊臣軍によって鎮圧、ここに戦国の世の幕が下ろされます。


豊臣秀吉は、奥州再仕置(九戸征伐)と称して全国に出動命令を出した。

そこには総大将に豊臣秀次以下、徳川家康・伊達政宗・石田三成・蒲生氏郷・上杉景勝・浅野長政・井伊直政・大谷吉継・堀尾吉晴・佐竹義重など、鍾々たる戦国武将の名が連ねられていた。



三戸城跡資料展示品より


九戸政実、太閤仕置の大乱に散る。


天正19年(1591)3月、九戸政実は挙兵し、南部を二分する戦いに突入します。


豊臣秀吉の重臣前田利家を通じ、自らが南部家本宗であることの確認の起請文を送っていた信直に対し、秀吉は領地安堵の書状を与えて26代当主を公認。


緒戦は九戸方が優勢でしたが徐々に形勢が逆転し、政実は天下人に背く謀反人として奥州仕置軍と戦うことになった。



九戸城包囲図


9月2日、馬淵川流域をはさんで、一説には再仕置の上方軍勢6万に、九戸籠城軍は約5千人が対峙、熾烈な攻防が始まった。


偽りの和睦


9月4日、難攻不落の城に苦戦を強いられた上方軍は謀略を巡らせ、九戸氏の菩提寺長興寺の和尚(一説には4代目住職薩天)を使者にたてた。


持たせた手紙の中で政実の武勇を讃え、女子供の助命を条件に降伏を説得させました。


謀略とは知らぬ和尚と、一人でも多くの一族郎党を救おうと和睦に応じた政実でしたが、開門した城内には火が放たれ、城内の者は撫切りにされたと伝えられています。


また、政実と7人の重臣は豊臣秀次の待つ三ノ迫(宮城県栗原市)で斬首されました。

プリンタ用画面