沼宮内伝説「山見」交流会が行われる

 平成25年4月25日(水)、そう今日が旧暦の3月16日にあたります。

沼宮内では昔からこの日を「山見の日」として、里山に登り春の訪れを肌で感じながら、ご馳走を食べる習わしがありました。

岩手町沼宮内公民館、ボランティアガイドの会、沼宮内小学校では初の「山見の交流会」を沼宮内小学校体育館で行います。
衣装は手づくりで「沼宮内婦人会」が協力。

本番では山見伝説の衣装をまとい演じます。

山見は地名の由来となった「沼宮内伝説」にちなんだ習わし。
即席にて立ち上げた「劇団山見」が伝説を寸劇で表現します。

同校の児童からは地域への思いも発表されます。

山見交流会

4月24日、本番に向けた舞台でのたち稽古と打ち合わせの様子。
なにせ、演技者にとっては小学校での「学芸会」以来の一大イベント。

山見交流会

「童謡を歌う会」の皆様もスタッフとして「沼宮内伝説」の歌を披露する。
「情け深き 正次さま 欲にくるった奥方は 世にも恐ろしい大蛇の姿 十六の角をふりかざし・・・・・・」

山見交流会

ナレーションを担当する、総監督のもと寸劇は始まる・・・・

沼宮内伝説は、今から1、200年程昔
藤原太夫正次さまの奥方が大蛇の姿となったことから始まります・・・・

山見交流会

正次さま・・・お情け深い正次さま・・・
こどすもおがげさんで・・・・

さて、本番は台本なしでチャレンジなのだ。
無事演劇が完結することを願って、本番に臨みたい。

当日販売される「山見弁当」はすでに予約で170食を超えると聞きます。
当日も「街の駅よりーじゅ」で個数限定500円で販売されます。

弁当は、いなりずし・ニシン(カド)、など山見の際に食べたメニューを取り入れ、大町商店街の店舗がそれぞれ工夫を凝らして提供される。

人気が高いので、同日販売の分は売切れの可能性が大ではないでしょうか?

「見せて、聞かせて、食べて」伝説が次代に継承できればいいですね (^_^)/~


イベント|2013年04月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カレンダー

2021年4月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー一覧

過去の記事