半夏生(はんげしょう)

あちらこちらのスーパーのチラシに煮ダコの写真が?

半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、半夏(烏柄杓-からすびしゃく)が生える頃。

元々は夏至から数えて11日目の日でしたが、現在では、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する瞬間(を含む日)という決め事になっている様です。

いずれもほぼ同じ日であり、毎年7月2日頃、そう今日なんです。

なんで「煮ダコ」かな?と思い調べてみました。

この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防ぎ、この日に採った野菜は食べてはいけないとの言い伝えがあります。

三重県の熊野地方や志摩地方の沿岸部などでは、ハンゲという妖怪が徘徊するとされ、この時期に農作業を行うことに対する戒めもある。

上方(大阪や京都など近畿地方)ではこの日にタコを、讃岐ではウドンを、福井県の大野市などでは焼き鯖を食べる習慣があるとか。

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)といい、大雨になることが多いとも言われる。

一般的には「梅雨明け」を示す指標の一つであり、地方によっては植えられた稲の苗がよく根付くようにとタコを食べる風習が存在する(タコの脚を根に見立てて、丈夫な根が付くように、という意味)。

タコ


岩手町ではあまり聞いたことがない様な気がします。

古くからの風習のない地域には関心のない事かも知れませんが、慣習として歴史のある地域では、いにしえからの伝えとして、伝承していただきたいものですね。

なるほど、ここまで来るとスーパーのチラシにも納得。
しかし、商売(笑売)ってしたたかですね。
あらゆることを気にかけ、関連付けて商機にしちゃう (#^.^#)
勉強になります。

辛党には「花より団子」何かにかこつけて「飲む」機会と一緒かな?

それとこれとは「ちがうんじゃないの」といわれそう (^_^;)

ジャン・ジャン~~

蛇足ですが、タコは足より頭のほうが好きです。
なんといっても安い、やわらかい、そして味付けにもなじみます。

酒の肴には頭で決まりです。(@^^)/~~~


その他いろいろ|2010年07月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カレンダー

2020年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー一覧

過去の記事