侵略されてしまいました

長年放置されてきた我が家の畑。
毎年草刈だけは欠かさず、草ぼうぼうだけは避けてきました。

隣の畑との境に植えられた「昇り藤(のぼりふじ)」おしゃれな本名「ルピナス」が少しづつ我が家の領域へと侵略をはじめました。
花ですので、草刈するときもその株を残す様に気遣い?長年経過したのです。

今年みてびっくり、一気にその勢力を拡大し、今までに生えていない領域まで広がり、半分以上侵略されてしまいました。

ルピナス


あのたくさんの花が終わったあと、まもなくして種子鞘がひとつの花茎に10~30個もつきます。
中には種が2~4個入っていますので、放置すれば、一株の「ルピナス」から数多くの種ができる事が想像できますでしょう。

この実がはじけて翌年の新しい株を形成するのですから放置すれば増える増える。
花が終わったまま放置した結果がご覧の通りです。

見事といえば見事、雑草さえもお構いなしで、どんどん増えます。
超元気な花ですね~。

その旺盛な繁殖力から名前はギリシャ語の「オオカミ」が由来とされ、食用・薬用(血行の促進や滋養強壮)として、ヨーロッパを中心に古くから栽培され、マメ科で窒素固定作用があり、土地を肥やす働きもあるようです。

詳しくは専門の方に聞いてくださいね。よく判らないんです。

花の様子が藤に似ており、花が下から咲き上がるため、昇り藤(のぼりふじ)とも呼ばれています。
切花にすると花がポタポタと落ちてしまい、掃除が大変ですので、もっぱら遠くから眺めて楽しむのがいいんですね。

ルピナス


豆を夫婦で食べると愛情が増すとの言い伝えも。ほんとかなあ?
藤の花に似ているといっても、食べられるかどうかは判りません。

藤の花は「天ぷら」で食したことがありますが「白い藤の花」は甘味があり、おいしかったと記憶しています。
「藤の花」を天ぷらにして食べる人って、いるんですかね (^0_0^)

花言葉
あなたは私の心にやすらぎを与える 、貪欲、空想、欲深い心、母性愛、いつも幸せ、など、これも誰が考えたのやら、さだかではありません。

悪しからずで~す。(*^_^*)

今年もそろそろ一回目の草刈をしなくっちゃ。
と考えているのですが、まだそこまで行きえていません。
きれいに回りの草刈をすれば、見事な「ルピナスの畑」なんですけど。
だれか手伝って~。 “^_^”


その他いろいろ|2010年06月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー一覧

過去の記事