岩手町は山菜の宝庫なんです

 北緯40度の町「岩手町」

そう岩手町は山菜の宝庫なんです。北緯40度ラインは山や海の幸も豊富、味覚の宝庫といっても差し支えないでしょう。産直施設がふえ、山の恵みを消費者ニーズにこたえるための経済活動が、いままで自由に採取できた場所も入山禁止の規制がはられたり、販売目的で根こそぎ掘ったりして、出荷者自身が自然資源の枯渇を手助けしている様に感じられるとの話をよく聴きます。

岩手町だけは、まだ自由に採取できますが、個人の山の持ち主にはちゃんと、ことわって採らせて頂くのが基本ですよ(^^♪

それはさておき、そろそろ時期かなと思いカメラを片手に、自宅近くの山を散策しました。
今日の目的は「葉わさび」がほしくて、ついでに写真でも残そうかとのもくろみです。

山に入ってすぐに見つけたのが「たらの芽」

たらの芽1

今年はまだこの時期でも少し早いようで、この程度のものでしたなら採取対象になりますが、陽のあたる場所のものはまだまだ小さく、芽も開ききっていない状態でした。
お店で販売している、早採りのものはこの枝を切ったものを水に浸し大きくしたものがほとんどで、味も比べ物にならないんです。
今の時期に並ぶものは天然のものですので、不ぞろいでも味はピカイチです。

やはり自然のなかにある、季節のものをわずかいただくのが最高の贅沢でありこの時期の楽しみのひとつです。

たらの芽2

私が採取するのは、このようなサイズのものです。
「てんぷら」にしても食べ応えがあり、くせもなく大地の栄養分をたっぷり吸った「たらの芽」そのものの味なんです。

たらの芽3

これは少し大きくなったものですが、これもOKですよ。
林の中にあるので、青々として、とげはでていないし、茎は柔らかく、たらふく食べるには格好のおおきさです。俗にわたしたちは「青たらぼ」と呼んでいます。陽のあたる場所にあるものは小さい時期から「とげ」もでて「全体が赤みをおび」(日焼け)「赤たらぼ」と呼んでいます。おいしさを比較したならいわずもがな「青たらぼ」の勝ちです。

次に採れたのが「こしあぶら」です。

コシアブラ

これは「たらぼ」と比較したときに、独特の香りがあり、辛党にはこたえられない一品とか。おひたしにすると「しどけ」に似た様な個性のある香りがあり、これがいいという人もいます。
「たらのめ」同様、天ぷらにしておいしくいただけます。「たらのめ」よりうまいという方も。

この写真の様な低木のものが採取しやすいですが、成長したものは5-10メートル以上になる木もあり、こうなってしまうと届かなくなってしまい採れません。まわりの木が大きくなると自然に枯れてなくなる様です。

タラの木もコシアブラの木も伐採した後から盛んに芽吹き始めまわりの木が大きくなると日陰となり樹勢が弱り自然に消滅するようです。

これが本日の目的「葉わさび」です。

葉わさび

山あいから流れる清水と湿った環境のなかで毎年増えている様です。白く咲いている花が実を結び、自然に繁殖しています。これも必要なだけ採取し、乱獲しないことが大切でしょう。
今年も群生しており、わずかだけ恵みを分けてもらいました。

2から3センチの長さに刻んだものをビンにいれ、熱湯を注ぎそのままふたをします。強烈な辛さがほしい方はビンに入れる前にすこしもんでください。(花も花の茎もすべて使い、捨てるものがありません)

葉わさび独特のツンとくる辛さと、あまい芳香がなんとも忘れられないんです。これを食べないと春が来たなと感じません。

荒熱がとれたなら、だし醤油(めんつゆでもよい)で味をつけ保存します。「からみ」が逃げますのでふたは開けっ放しにしないようにね。

本わさびのかわりに、そばの薬味に、味付けしだいでそのまま酒の肴に。朝、あつあつのご飯の上にのせておしんこ代わりに。これは強烈、一発で目が覚め、涙がでるかも。

山菜収穫

本日の収穫です。
「葉わさび」は調理しましたので、残念ですが掲載できません。今年もから~くできました。
野山を歩くことで、いい運動になるし、春の息吹をしっかりとたたえた、山の恵みを頂き、命の洗濯ができ楽しいですよ。でも、荒らさないように協力してくださいね (^^ゞ

おいしい!|2010年05月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー一覧

過去の記事